海外とは違う日本の口腔ケア

最近ようやく行われるようになってきた

日本で行われている口腔ケア

あまり大事だと思われていなかった

日本は海外と異なり、ホワイトニングがそこまで大切だと思われていませんでした。
ですから普段の口腔ケアも、虫歯などに病気にならないことを目的に行われていました。
しかし海外が病気の予防の他に、歯を綺麗に白くすることも目的にされています。
海外の文化が伝わってくることによって、ようやく日本でもホワイトニングの道具が登場したり、ホワイトニングができる歯医者が誕生しました。

しかし近所のドラッグストアでは、道具を購入できないことが多いです。
特に地方のでは、まだホワイトニングという文化が根付いていません。
もし道具を購入したいなら、通販を利用するのがおすすめです。
通販だったら、海外で使われている道具も購入できます。

若い世代に利用されている

比較的高齢の人は、ホワイトニングに興味を持っていません。
若い世代の人は海外から情報を入手しているので、ホワイトニングに挑戦する人が増えています。
また仕事をしている時に、お客さんと関わる機会が多い人もホワイトニングをして、歯を綺麗にしている傾向が見られます

数年前まではホワイトニングをする人があまり見られませんでしたが、最近は利用者が見られるようになりました。
それでも、行っているのは年齢が若い人たちばかりです。
海外は年齢に関わらず、だれでもホワイトニングをしています。
海外と日本の口腔ケアに対する意識が異なるので、このような結果になっています。
もっと海外の文化が伝わると、結果が変わるかもしれません。


▲先頭へ戻る