海外とは違う日本の口腔ケア

最近ようやく行われるようになってきた

歯並びの治療をする

歯科矯正に関する違い

歯並びが悪いと育ちが悪いと、マイナスに見られるのが海外の特徴です。
ですから誰でも積極的に、歯並びを矯正しています。
矯正している光景が当たり前ですが、日本は異なります。
日本は歯並びをそこまで重要に考えていません。
ですから矯正する人は少ないと言われています。

多少歯並びが悪いだけだったら、生活に影響を与えません。
あまりにも歯並びに問題があって、食事をする時や発音に問題がある時にだけ、歯科矯正を行っています。
日本では見た目を良くするという考え方ではなく、問題の改善のために歯科矯正が利用されています。
そこも、海外と日本の異なる口腔ケアになります。
ですがホワイトニングと同じく海外の文化が入ってきているので、見た目を良くするために矯正する日本人も少しずつ増えています

マウスピースを使う

近年は日本にも、海外と同じようにマウスピースを使って歯並びを矯正するという文化が広まっています。
しかしそれもホワイトニングと同じで、若い世代の人が中心になっています。
年齢が上の人は、歯並びが悪くても気にしない傾向が見られます。
若い人は見た目を気にする人も多く、オシャレ感覚で矯正しています。
また矯正することで、コンプレックスの解消にも繋がると言われています。

歯並びが悪いとことを、ずっと気にしていた人がいうのではないでしょうか。
海外から矯正す文化が伝わってきたことによって、悩みを解消できるようになりました。
まだ日本には完全に浸透していないので、矯正ができる歯医者が限られています。
よく探して、訪れてください。


▲先頭へ戻る