海外とは違う日本の口腔ケア

最近ようやく行われるようになってきた

幼い頃から歯科矯正をしている

歯が柔らかい時から実施

昔から海外では、小さな子供でも歯科矯正が行われていました。
子供の方が大人に比べて歯が柔らかいので、矯正が成功しやすいからと考えられていました。
それが研究の結果正しいことがわかったので、子供に積極的に矯正させています。
日本はまだ歯科矯正の知識が少ないので、行う親が少ないです。

ただ歯並びが悪いと、いじめの原因になってしまいます。
海外ではそのようなことが起こることは少ないですが、日本は異なっていつ姿をしていると、いじめられやすい傾向が見られます。
ですからいじめの対策として、歯科矯正をする人が見られます。
夏休みなどの長期休みを利用すると、クラスメイトに知られることなく矯正できるので良いタイミングだと言われます。

小児歯科の数に違いがある

海外は小さい頃から歯科矯正するというのがあたり前なので、小児歯科も多いです。
小児歯科の方が子供の治療になれているので、安心して任せることができるでしょう。
しかし日本は、子供のうちに矯正するという考えが浸透していません。
ですから矯正ができる小児歯科が少なく、見つけるのが大変かもしれません。

海外と日本で、矯正ができる小児歯科の数も異なっています。
近所に見つからない場合は、探す範囲を広げてください。
大人が通う歯医者は怖いので、子供が嫌がるかもしれません。
少し遠くになっても、子供が安心して矯正できる場所を見つけることをおすすめします。
特に地方は小児歯科の数が圧倒的に少ないですが、頑張って探してください。


▲先頭へ戻る